ビセラは妊婦が飲んで大丈夫?やっぱり気になるならきちんとチェック

ビセラを飲む時間は?

ビセラを飲む時間は?

 

ビセラの服用を考えている方は、効果を実感するためにも飲む時間など気になりますよね。
今回は、ビセラを飲む時間などをご紹介します。

 

 

〇ビセラを飲む時間はいつがいいの?

 

公式サイトには、服用時間の決まりなどはありませんでした。
口コミなどを見てみると、毎日の服用を忘れないように食前・食後に飲む方が多いようです。

 

ビセラの短鎖脂肪酸の効果を考えると飲む時間を気にするのも大事ですが、
まずは毎日の服用を忘れないようにしましょう。

 

〇ビセラを飲むのは食前がベスト!

 

飲む時間よりも毎日の服用を忘れないことが大事と書きましたが、
せっかくなら短鎖脂肪酸の効果を有効的に使いたいですよね。

 

短鎖脂肪酸の効果には、脂肪細胞への脂肪の蓄積のストップする作用があります。
その作用を活かすためには、食前に服用するといいでしょう。

 

また、朝、昼、夕、で考えると、夕食が一番カロリーが高くなると思います。
なので、夕食前にビセラを服用すれば、効果も実感しやすいと思います。

 

〇夕食前のどれくらい前に飲むといいの?

 

短鎖脂肪酸の効果には、脂肪細胞への脂肪の蓄積のストップする以外にも、
食欲を抑える効果があると言われています。

 

食欲を抑える効果を実感するためには、ビセラを腸まで届け溶けさせなければいけません。
そのためには、夕食前ギリギリではなく、30分前くらいがいいでしょう。
夕食の準備を始める頃に飲むと、丁度いいと思います。

 

〇ビセラを飲む際は水かぬるま湯で!

 

ビセラに含まれている成分は体に良い「菌」です。
体に良い菌とは言え、菌は菌なので48度以上で死活してしまいます。
お湯や白湯で飲んでしまうと菌が死活してしまうので注意しましょう。

 

じゃあ冷たい水は?と思いますよね。
冷たい水は、体やお腹を冷やして下ってしまうことがあります。
健康にいいものを飲むのに、お腹を下すのは避けたいですよね…。

 

ちなみに、ジュースやコーヒーもNGです。
当たり前ですが、薬もジュースでは飲みませんよね。
サプリメントの効果を活かすためにも、常温の水か48度以下のぬるま湯で飲みましょう。

 

 

ビセラを飲む時間は、夕食の30分前を意識してください。
短鎖脂肪酸の効果を活かすためにも、忘れないでおきましょう。
特に食べ過ぎが気になる方は試す価値があると思います。

 

また、ビセラは菌が含まれているので、お湯や白湯はNGです。
ビセラは常温の水か48度以下のぬるま湯で飲んでください。

 

ビセラの服用する際は、飲む時間、飲み方も意識しましょう。

page top